食と認知機能の
お役立ち情報・コラム

COLUMN

保健機能食品と認知機能

食から認知機能について考える会

みなさんは「保健機能食品」はご存知でしょうか。「国が定めた安全性や有効性に関する基準などに従って食品の機能が表示されている食品」1)、言い換えれば、「“摂取することで得られる健康の維持や増進の効果”=“機能性”を表示できる食品」のことで、機能性を表示できない「一般食品」と明確に区分されています。
さらに「保健機能食品」は、「特定保健用食品(トクホ)」、「栄養機能食品」、「機能性表示食品」の3つに分類されます。

特定保健用食品(トクホ)1)
健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められた効果の表示が許可されている食品です。効果や安全性については食品ごとに国が審査を行い、消費者庁長官が許可しています。
※国の審査:必要 / 国への届出:必要 / 「トクホ」マークが表示できる

栄養機能食品2)
一日に必要な栄養成分が不足しがちな場合、その補給・補完のために利用できる食品です。すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量含む食品であれば、特に届出などをしなくても、国が定めた表現によって機能性を表示することができます。
※国の審査:不要 / 国への届出:不要 / 国が定めた表現に沿って表示

機能性表示食品3)
事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。
※国の審査:不要 / 国への届出:必要 / 企業の責任で機能性を表示

区別する主な特徴に、表示する機能性について科学的根拠の審査が必要か、表示のための届出が必要か、表示の内容に制限があるか、という3項目があります。
中でも注目したいのは「科学的根拠」です。「特定保健用食品(トクホ)」や「栄養機能食品」は、表示する機能性について国が定める一定の基準をクリアする科学的根拠を示した食品と考えることができます。一方で「機能性表示食品」は、届出を行う事業者の基準で選定した機能性の根拠に関する情報を提出しますが、その内容に関する審査は行われません。しかしだからと言って科学的根拠の信頼性が否定されるわけではなく、企業責任が問われる以上、国の審査も通過できるレベルの根拠が示されていると期待したいところです。
機能性表示食品は保健機能食品の中で最も新しく2015年4月に開始された制度です。制定された背景には、超高齢社会における健康増進に向けて、それに寄与する食品の研究開発の推進があります。国の審査を要することで必要となる時間や費用といったコストを削減し、研究開発を効率化することが目的になっています。実際に、この制度を利用し、2021年10月時点で4,500件を超える届出がなされ、そのうち2,000商品以上が現在でも販売されています。4) 様々な機能性を持った食品が多数販売され入手しやすくなったことで、食品による健康増進の契機を提供している功績は大きいと考えられます。

「保健機能食品」すべてに言えることですが、その目的は生活習慣病などの疾病にかかる前の人の「健康の増進・維持」に役立てることで、疾病の治療や予防のために摂取するものではないことにも注意しましょう。「保健機能食品」の商品パッケージに必ず記載がありますが、「食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。」の一文に集約されるように、あくまでふだんの食事において栄養バランスが配慮されていることが健康の増進・維持につながるのであって、「保健機能食品」はそのサポートとして役立てましょう。

「食から認知機能について考える会」として認知機能に寄与する保健機能食品に注目すると、現在のところ、国の審査を通過した「特定保健用食品(トクホ)」やすでに科学的根拠が確認された栄養成分を含む「栄養機能食品」に該当する食品はなく、「機能性表示食品」にのみ存在します。
「特定保健用食品(トクホ)」に多い、血圧や血中脂質、血糖値など、生活習慣病につながる健康状態を改善する機能性は、臨床試験(ヒトを対象に実際に摂取してもらいその効果を検証する試験)で評価しやすく(たとえば血圧であれば、一定期間摂取する前後で血圧を測ることで検証できる)、質の高い科学的根拠を比較的容易に構築できるという特徴があります。
それに対し「認知機能」は、加齢に伴い長期間かけて低下するもので、改善にも長い時間が必要になると推測され、単一の指標で評価ができないことから、科学的な検証はより複雑になることが容易に想像できます。そのため、現在確認されている認知機能関連の機能性表示食品は、機能性の根拠とする評価指標が様々です。機能性の説明もその評価指標に沿って表示されており、一度読んだだけでは具体的な効果が理解しにくいかもしれません。このことがそのまま信頼性に影響するわけではないのですが、摂取する側の心構えとして、どのような根拠をもとに機能性をうたっているのかを可能な限りご自身で確かめ、理解し、納得してから購入することが大切だと考えます。
また、機能性の根拠として、「どのような評価で効果があると表示しているのか」に加え、「なぜ効果を発揮するのか」という作用機序(メカニズム)についても注目するとよいでしょう。
これらの情報は商品のラベルにも一部記載がありますが、商品を紹介しているウェブサイトや、より詳しく知りたい場合は消費者庁の「機能性表示食品の届出情報検索」から商品を検索すると「詳細」のページから確かめることができます。

大事なことなのでもう一度。
食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
そのうえで、健康の維持・増進に向けて保健機能食品を上手に役立てましょう。

【参考】
1) 消費者庁. 特定保健用食品について.(最終アクセス:2021年11月1日)
2) 消費者庁. 栄養機能食品について.(最終アクセス:2021年11月1日)
3) 消費者庁. 機能性表示食品について.(最終アクセス:2021年11月1日)
4) 消費者庁. 機能性表示食品の届出情報検索.(最終アクセス:2021年11月1日)